ノロウイルス対策
日頃から手指の除菌、トイレの除菌、調理場や調理器具の除菌などのノロウイルス対策を行っていても、ノロウイルス感染者が出てしまうことがあります。
ノロウイルスは感染力が強く嘔吐物から感染してしまうことが多いため、ノロウイルス感染者が嘔吐した際に慌てないように、緊急時に備えての事前の準備が重要です。
処理手順を理解し、処理用セットを準備して、二次感染を防ぎましょう。
処理用セットの準備
処理用セットの準備
【処理用セット】
使い捨て手袋 使い捨てマスク エプロン ペーパータオル
使い捨て手袋 使い捨てマスク エプロン
(できれば使い捨て)
ペーパータオル
または使い捨てタオル
ビニール袋 新聞紙 バイカットS
ビニール袋
(液漏れしない密封できる袋)
新聞紙等 バイカットS

嘔吐物の処理手順
嘔吐物の処理手順
嘔吐物の処理手順 準備しておいた処理用セットを使用します。

1. 嘔吐物から離れます。
嘔吐物は広範囲に飛散します。飛沫感染の恐れがありますので、少なくとも嘔吐物より3m以上離れてください。

2. 窓を開けるなどして、換気をします。
換気扇等がある場合には運転してください。

3. 処理を行う人は、手袋・マスク・エプロンを着用します。
処理を行う人が感染しないためにも、必ず着用してください。処理を行う人以外は近づかないようにしてください。

4. 嘔吐物周辺にバイカットSを十分に噴霧します。
菌の飛散を避けるため、2m程度離れた所から嘔吐物の周辺に噴霧します。

5. 嘔吐物をペーパータオル等で広がらないように拭き取り、タオルごとビニール袋に入れ、バイカットSを噴霧し密封します。
ビニール袋は液漏れしない密封できるものをご用意ください。

6. 処理後、嘔吐物のあった箇所および周辺に、バイカットSを噴霧します。
データ上不活化まで約10分を要するため、バイカットS噴霧後10分間は放置してください。
10分経過後、バイカットSを布などで拭き取ります。

7. 汚れている面に触れないように注意しながら手袋・マスク・エプロンをはずし、同様に処分します。
手袋は表面を包み込むように裏返してはずしてください。
着用している衣服や、履物の裏側へも噴霧してください。

8. 処理後は必ず手洗い、うがいを実施します。
手洗い後にバイカットSを吹きかけます。

9. 処理後も十分に換気を行いましょう。
室内のウイルスを屋外にだして、新鮮な空気に入れ替えます。


嘔吐物が付着した衣類の洗濯方法
嘔吐物が付着した衣類の洗濯方法 嘔吐物が付着した衣類は大きな感染源になります。処分したほうがいいですが、処分できない場合はそのまま洗濯機で洗濯してしまうと、洗濯槽や他の衣類にノロウイルスが付着してしまいますので注意が必要です。
バイカットSなら塩素系漂白剤では色落ちが心配される衣類でも、色落ちせずに除菌ができます。

1. 嘔吐物が付着した衣類にバイカットSを噴霧します。
手袋・マスク・エプロンを着用し、汚物が飛び散らないようにビニールやバケツに衣類を入れてから噴霧します。

2. 10分経過後、嘔吐物を洗い流します。
汚水が飛び散らないように注意して行ってください。

3. さらにバイカットSを噴霧します。
水を絞って、さらにバイカットSを吹きかけます。

4. そのまま洗濯機で洗濯します。
洗剤を入れ通常の洗濯をします。すすぎは2回以上行ってください。他の衣類とは分けて洗濯することをおすすめします。

5. 洗濯終了後、洗濯槽にもバイカットSを噴霧します。
念のため、洗濯槽の除菌も行うとより安心です。